SSブログ
前の5件 | -

畑健二郎先生の『トニカクカワイイ』第10巻! [コミック]

さて、アニメ化も決定して波に乗るカール・マルテルな畑健二郎先生の『トニカクカワイイ』

DSC_0923.JPG

事故に遭った時、偶然に遭遇したとにかく可愛い女の子に、勢い余ってプロポーズをしちゃった星空と書いてナサくんは、その女の子、司ちゃんと結婚生活を始めることになりましたとさ!まる!

さて謎の美少女X……こと司ちゃん。

今回も彼女の謎にズームイン!(古いなー)

一面焼け野原を歩くロリ司ちゃんの一場面がありましたが、あれは東京大空襲後ってことなんでしょうか?

あと建設中の東京タワーを見ている扉絵もあったり、本当に長命な様子。

あと、山道の歩き方に慣れていて「明治以前の日本人はそうして歩いていた」などの豆知識も披露。

これ豆知識じゃなくって実体験だよね?絶対。

ということで、結局何者なのかわからない謎の美少女司ちゃん!

今後もどんなヒントが出てくるのか期待大!

ほのぼのラブコメディに見せかけてちょっとミステリーなニオイを漂わせる、トニカクカワイイは可愛いだけじゃない!

ということで、アニメからでも入ると面白いかもですよー!

まぁ、そんな感じですー

ではー!





トニカクカワイイ (10) (少年サンデーコミックス)

トニカクカワイイ (10) (少年サンデーコミックス)

  • 作者: 畑 健二郎
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2020/03/18
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

門司雪渾身のダークファンタジー開幕!『チャンドラハース』1巻 [コミック]

門司雪さんといえばアイドルマスターミリオンライブのコミカライズの作家さんとして認識しておりましたし、私以外の読者もそうであろうことがほとんどであると思います。

そんな門司先生の渾身のダークファンタジーとして始まったのが本作。
DSC_0766.JPG
『チャンドラハース』なのです。

『龍の力で“英雄”を討つ! 復讐のダークファンタジー!!』

と銘打たれた帯に、消された不死の英雄アルジュナと英雄の血を受け継ぐ娘ヒマラヤが出会う……。

15年前“龍”から国を救った7人の英雄――『不滅の七人』と呼ばれる彼らに、二人は復讐を誓う――!

果たして15年前に一体なにがあったのか?

仲間であったはずのアルジュナの存在が秘されているのは?

そして英雄の娘であるはずのヒマラヤはなぜ奴隷に身をやつしていたのか?

正直、謎だらけでなにがなにやらわかりません。

ですが、惹かれます。

とても、とても惹かれるのです。

笛の音で人に害をなす“龍”を操る能力を持つ少女ヒマラヤ。

その能力は彼女の父、すなわち七人の英雄の一人と同様のもの……。

この能力の継承にもなにやら秘密がありそうです。

そして、なぜ英雄の娘ヒマラヤは父に復讐を願うのか……。

もう、ひたすら”???”が浮かびます。

ですが既に1巻で早々に英雄の一人と対決することになりテンポの早い展開が期待出来そうです……。

が!

先ほどからなんどもしつこく書いていますが、とにかく【謎】が多い!

多すぎる!

でもね。

その一つ一つがどうやら繋がっていきそうで

「なにやらおもしろくなっていきそうだぞ?」

という予感だけをやたらとくすぐられるんですよ。

そういうのってあるじゃないですか?

なので、一つ謎が解けてもまた新たな謎とか、英雄たちの関係性が垣間見える手法は見事!としか言いようがありません!

この感覚をなんと表現すればいいのか迷いに迷って、購入からレビューを上げるまですっかり時間を食ってしまいました。

今からでも遅くはありません!

「過去に何かがあって、これからそれが解かれるんだけど、でもそれってほとんど不可能なんじゃねーの?」

というハラハラ感とミステリーを目一杯感じてください!

そして、アイドルマスターミリオンライブ!のコミカライズを通しての「キャラの表情の表現」が、このヒロイン、ヒマラヤにも充分に活かされています。

可愛いだけでなく、謎と重すぎる運命を背負っている彼女が、どのように復讐を果たすのかその一挙手一投足、そして視線の一つにも目が離せなくなっていきます。

正直、自分で書いていて褒め過ぎの盛り過ぎで、「え、私、講談社からお金もらってないよ?」レベルなんですけど(w)、でもそれくらいどう書いたらいいかわからないんですよね。

本当に予感だけが「これはどう面白くなるのやら?!」のドキドキ感だけが高められるのです。

マガポケ『チャンドラハース』

で一部読めるので、その内容を確かめてください!

では!




チャンドラハース(1) (講談社コミックス)

チャンドラハース(1) (講談社コミックス)

  • 作者: 門司 雪
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2020/01/09
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

『よくわからないけれど異世界に転生していたようです』を読んでみました。 [小説]

えーっと…………

たまたま見かけたネット漫画が、実はネット小説が原作でした……

というのは私的に最近よくある現象なのですが、こういうのって、
いわゆる本屋で『ジャケ買い』だったものが変化してこういう事象に
変化しているのかな?

などと真面目に考えたりする上島です。

基本私真面目ですからね! 言っておきますけど!



というわけで偶然見つけたWEBコミックから、WEB掲載の原作をあれよあれよと読み進んで、なんと更新とまっている所まで読み切ってしまいました。

ええい、続きはまだか!?(お前も書けよ?w)

ええい、私は真面目な人間である! 自分のモノを書く前に他人がどんなモノを書いているのかリサーチせねばならんのだ!(あーなんてダメっぽい言い訳……)

と、とにかく!

この作品の魅力をさっくりと言ってしまうと

「幼女・巨乳・淫乱」

である!

真面目どこ行ったーーーっ?!

いやいや、実質そこは冗談として置いておいて、そこに彼女の持つ『魔性』というスキルが加わり、物語にエッセンスを与えるのです。

なので重要なファクターなのですよ!


………………


…………


多分だけど!

えっと、内容的には良くある異世界転生物です。

30代のおっさんが女の子に転生して、10歳の時、事故に遭った際に前世の記憶を思い出します。

うん、パターンだね!w

そして、元日本人の知識を総動員してサバイバルをします。

幸いなことにこの世界には魔法がありました。

それを使っていくウチにいろいろとレベルがあがり、また転生者として覚醒したことによって様々なチートがつきます。

うん、お約束ですね!w

お約束ではあるんですが、どうやらこの世界、彼女(彼?)よりも以前に転生者は居たらしく、その文化の名残がそこかしこにあったりします。

とにかく彼女は出自のややこしさから身元を隠して生きるようにするのですが、性分なのか、ついつい他人にも要らぬお節介をしたりするお人好し。

えっとまぁ、一言で言うと、異世界転生者がチートと現代知識を使って日常をせっせと生きるだけのお話……。

ということになります。

あーこれだけじゃ魅力は伝わりませんね。

ほら、やっぱりこの作品の魅力は

『幼女・巨乳・淫乱』

なんですよ!

えっと、とにかく男性が女性の身体に転生したら、まず最初になにをしますか?





はい!

想像しましたね? したでしょ? してないなんてウソでしょ?
ウソですよね!?

えっと、女体の神秘についてなにかするでしょ?

そう、彼もしたんです。

なにもエロいことをしようとしたわけではありません!

科学的に人体への探究心から、愉しんで……もとい……
ついいろいろと追求してしまったのです。

結果…………。

つい行為に耽ってしまうエロい少女が誕生したわけです。

言っておきます。

これはエロが目的なわけではありません!

あくまでも学術的に、人体の不思議を解明しようと、様々なことを……して……しまって……わけで……っっっっっっ!!!

とまぁ、そんなシーンはないのですが、それを一言『日課』で片付けてしまった辺り天才かと?

おかげで俺は『日課』という単語を目にする度にはぁはぁと悶えそうになるので、責任を持って最後まで読ませていただこうと思いますので、是非是非続きの方をよろしくお願い致します。

てなわけで今回はWEB小説の紹介でした!


『小説を読もう!』のサイト
『よくわからないけれど異世界に転生していたようです』

コミックはこちら


単行本はこちらです!

よくわからないけれど異世界に転生していたようです (Kラノベブックス)

よくわからないけれど異世界に転生していたようです (Kラノベブックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/01/31
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

畑健二郎先生の『トニカクカワイイ』9巻! [コミック]

いやいやー、いくらカワイイ嫁さんとの同居生活だからって、
そんな連載を延々と9巻まで続くなんて……続いた!

2人が結婚してから始まるラブコメ漫画なんて、
なんというか克・亜樹先生の『ふたりエッチ』に続く快挙ですよ!
(いや、そこは比較したんなw)

DSC_0743.jpg
はい、っというわけで9巻ですー。

はい、もうナサくんがもうお嫁さん好きすぎて、見ていてもう、

ナサけないくらいにメロメロです。(言いたかっただけ)

さて今回のミステリーポイントですが、(急に)

お嫁さんの司ちゃんはどうやら関西圏での生活期間があったらしい。
たこ焼きは揚げてない関西風の方が好みだったり。

ていうか、私ずっと関西なので知らなかったのですが、
関東ではたこ焼きを揚げているんですか?

え?

それはもはやたこ焼きではなく

たこ揚げ

とかになってしまうんじゃないんでしょうか?

いやはや、東西食文化の違いにはまだまだ知らないことが多いです。

ほー、へー。

あと

「私の身体は病気も怪我もしないから」

とサラリと超常の存在をカミングアウト!

やはり只者ではないと思っていたがやはりそうだったか!(今更)

ということで司ちゃんの正体が判明するまでは読んでいたい、
そう思っている上島でした!

それではー!


トニカクカワイイ (9) (少年サンデーコミックス)

トニカクカワイイ (9) (少年サンデーコミックス)

  • 作者: 畑 健二郎
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2020/01/17
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

竹宮ジン先生の百合コミック『いとしこいし』の3巻!物語は終局を迎え簡潔に完結! [コミック]

は~いはいはいはいはい~♪

上島が通りますよーっと。

地球が丸くっても人が落ちないのは引力のせいっていうのはわかるんだけど、
遠心力の影響っていわれても、今一ピンと来ないおバカな私です。

2020年も12分の1が過ぎてしまったワケですよ!

わきゃーーーっ!

あと11ヶ月しかないってマジですかー?

と言いつつ今年もまったりゆったりと更新したりしなかったりで
いろいろとあげていきたいと思います。

さてコミックレビューですー。

今回は私の大好きな百合作家さんである、竹宮ジン先生の新巻です。

『いとしこいし』の3巻! ほらどーん!
DSC_0744.jpg

はいもう幸せ感たっぷりで見てるだけで癒やされますねー。

これ見て癒やされないなんて、正直病んでますよ。お大事に!

とまぁ、冗談はさておき。

受験シーズン真っ只中だっていうのに、日に日に余裕を持って
キレイになっていく雛ちゃんと、それに気付かされて
対照的に余裕を喪っていく弥生さんとの対比がステキでした。

若い子の成長ぶりは目を見張るからすごいですよねー。

基本的なお話としては割とベタなエピソードが続きますが、
とにかく幸せそうな2人を見ているだけで満足です。

こういうの見ると、人を好きになるって幸せそうでいいなぁ、
とか思ったりしますね。

最後はおまけ的に2人が初めて結ばれるところが描かれてHAPPY END!

竹宮先生、ステキな百合物語をありがとうございました!

次回の作品も期待しております!





いとしこいし(3) (百合姫コミックス)

いとしこいし(3) (百合姫コミックス)

  • 作者: 竹宮 ジン
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2020/01/17
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます